© 2023 by Faber & Co Real Estate. Proudly created with Wix.com

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

《発泡ウレタン断熱工法》

発泡ウレタンフォームとは現場で水の力により発泡し吹付け施工

する今までにない断熱材です

 

従来の繊維系断熱材は現場の施工部分に合わせてカットし、貼っていくため細かい部分に隙間ができてしまうことがありました。ウレタンフォームを現場で発泡し、吹付け施工するため細かい部分にも隙間なく充填でき、接着性も高いため安定した断熱効果を得ることができます。

 

壁内結露が生じにくい住宅になります

 

壁の中に隙間ができると壁体内結露が発生します。壁の中の結露はカビや構造材を腐朽させる原因となるだけでなく白アリがつきやすくなり、住まいの耐久性を低くしてしまいます。ウレタンフォームでは構造体内に隙間を作らないため結露が生じにくくなり安心です。

 

 

今までの断熱材よりも高い効果が得られます

 

次世代省エネルギー基準(温熱環境等級4)に対応可能です。隙間のない構造で冷暖房の熱ロスが少ないため、具体的に冷暖房費で比較すると一般的な旧省エネ基準の住宅に比べランニングコストは約1/2に抑えることができます。

《スケッチや3Dグラフィックを使って》

お客様のイメージをより分かりやすく

 

図面を見るとき味っけない線描写の図面がほとんどですよね。なかなかイメージが湧かないとお客様によく言われることがあります。そこでスケッチで色を付けたり3Dグラフィックを使用し、お客様のイメージをよりわかりやすく図面に表現しております。